thumb12

出会い系とSNSって何が違うの?

インターネットを使って出会いを求める時に使えるサイトやサービスというのは色々なものがあります。例えば、インターネット上で他者とコミュニケーションを取れるツールの代表と言えば、FacebookやTwitter、最近ではインスタグラムなんかも流行っています。

これらソーシャルネットワーキングサービスも友達や第三者とネットを介して交流を図ることができるので、その延長としてリアルの出会いに繋げることも当然可能です。

実際にこれらツールの中には特定の方が作るコミュニティがあったり、コミュニティ機能のないTwitterの中にだって、目に見えないけど確かに形のあるコミュニティというのは存在するものです。そういったツールの中で交流し、結果リアルで行われるオフ会などが発生するのはよくあることです。実際に単純なオフ会だけでなく、ただエッチするためだけに行われるオフパコなんていうオフ会の派生形もあるようです。(オフでパコるってことですね。パコるはセックスです。説明不要かもしれませんが。)

ソーシャルネットワーキングサービス(以下SNS)はこのように友人や第三者とコミュニケーションを取るのに優れたツールです。ただし、上で紹介したようなオフ会やオフパコはよく耳にするもののそこまで発展するケースは非常に稀でごく一部の人が行っているだけです。

そのため、SNSはネット上の交流には向いているものの、その先のリアルでの出会いという意味ではそれほど強いものではありません。

交流だけでなく、リアルで出会うことに特化しているのがいわゆる出会い系とも呼ばれるサイトですね。SNSとの決定的な違いは「出会い」に特化しているところです。

メインの目的が違う

上のSNSのオフ会やオフパコの事例を考察するとわかるように、オフ会やオフパコが開催されるのは一定のコミュニティ内で起こるイベントです。共通の趣味や共通の目的など、どこかに共通点があり、意気投合した結果、リアルでの出会いに発展すると言った形です。

この共通の目的というのは単純にネット上の交流だけを目的にしているFacebookやTwitter、インスタグラムでは少し難しいところがあります。間口は広いけど、その分属性は薄くなるような感じですね。その点で出会い系は端から出会いを求めている分共通の目的として「出会い」があるため、当然出会いやすくなります。

そのため、ネットからリアルの出会いに進みたいと言う人、出会うことを前提でサイトを利用したいのであれば、SNSで遠回りなことをするよりも出会い系の方が効率的と言えます。

SNSはネット上の繋がり、出会い系はネット上の繋がり+リアルでの出会いと言った感じだと思います。どちらもリアルでの出会いは可能ですが、効率は圧倒的に出会い系です。

さらに、恋活や婚活他、ジャンル別に特化しているサイトも多いのであなたの希望の出会いに近いサイトを選ぶとさらに希望の相手と出会いやすくなります。

出会い系は年齢確認が必要、SNSは不要

また、出会い系のほとんどは登録から先のサイト利用に年齢確認が必要です。これは法律によって定められていることで、インターネット上で知らない異性同士が出会うことを前提に知り合う場合は18歳以上でなければいけないからです。SNSは友人などとの緩い交流がメインで年齢確認などがない場合がほとんどです。元々の目的の違いがこういったところにも表れています。