thumb6

無料で出会うことにこだわり過ぎると失敗する!出会いのチャンスを逃さないために必要なこと

当サイトでは優良出会い系サイトで無料で出会うためのコツや無料で出会いやすいサイトを紹介しています。無料で出会うためには方法を参考に進めてもらうと優良出会い系サイトであっても無料で(無料ポイント内で)うまく出会うこともできはずです。彼女を作るもいい、大人の関係を築くもいい、あとはあなた次第です。

でも、ここで注意して欲しいこと、頭に入れておいて欲しいことですが、それは無料で出会うことにこだわり過ぎないことです。「絶対にお金を使わない」とするのではなく「必要なときにだけポイントを買う」とするなどある程度の柔軟性を持って出会いの場に立つことは結構大切なことです。

全くのゼロにこだわると出会いのチャンスを逃すこともある

例えば、当サイトでも紹介している無料で出会いやすい優良出会い系サイトの「ハッピーメール」と「ワクワクメール」ともに登録後に一定の手順を行うことでもらえる無料ポイントは最大で120ポイントと出会い系サイトの中でもトップクラスです。さらに、プロフィール検索(プロフィール確認)も無料です。多くの出会い系サイトはこのプロフィール確認でも1ポイント消費するため、女性を一人一人丁寧に探していくとあっという間にポイントがなくなります。

この点でハッピーメールやワクワクメールは優れており、多くの無料ポイント+無料のプロフィール閲覧で無料でも出会いやすくなっています。他の出会い系サイトで言えば無料ポイント200ポイント分以上の価値はあるのではないかと思います。

そのため、ある程度のポイントの使い方を考えて、うまく立ち回ることで無料ポイント内でも十分出会うことは可能です。

しかし、絶対に無料ポイント内で会う、絶対にポイントを購入しないと決めて臨むとどうしても失敗することがあります。

ポイントが少なくなればなるほど、行動やメールにも焦りが現れ始めます、または、人によっては「もういいや」と投げやりになったり、諦めたりもするでしょう。早い段階で直アドを聞き出すことは無料ポイント内で出会うためには大切なことですが、空気や流れも読まずにポイント消費を焦るばかりで「直アド!直アド!」と接していると相手からは「こいつケチ臭い奴だな」と思われる可能性もあります。

ポイント購入を最小限に抑えるには?タイミングについて考えてみる

出会い系サイトで無料で出会うためのポイントと注意点でも紹介していますが、無料ポイント内で出会うことを考えるのであれば徐々に絞りながら最終的に1〜3人に絞ってアプローチをかけていくことがおすすめです。漏斗(化学などで使うロート)のようなもので大勢から少数に振るいをかけていくように進めます。

無料ポイント内であればこれくらいの人数に絞っていきます。で、ポイントが尽きそうになったらポイントを購入しましょう。つまり、当たり前と言えば当たり前なんですが、無料ポイント内でいい感じの子が見つかったらポイント購入するとよいでしょう。

10人にメール送信→8人から返信・・・となった場合、無料で会うためにはここでも何人かに絞ってしまった方がいいですが、可能性を残していきたいならこの8人とメールを続けてみる・・・みたいな感じですね。

端からポイント購入するよりは出費を抑えられますし、この方法で絞っていけば1000〜2000円も追加すれば1〜2人くらいには会えるようになるはずです。

まずは無料をベースに取り組んで、出会いまで持っていけそうな人数に合わせて都度ポイントを増やしていけば無駄なく出会い系サイトを攻略できるはずです。

徹底的に使うなら定額制のサイトを使う

慣れてきたら定額制の出会い系サイトもおすすめです。
これまでに紹介してきているサイト、ハッピーメールとワクワクメールはポイント制の出会い系サイトです。サイト内の通貨でもある、ポイントを購入して、一つ一つのアクションにポイントを消費しながら出会える相手を探していく感じですね。

そのため、ポイント内で出会うことができればお金を最小限に抑えて出会うこともできます。しかし、使用頻度が高くなったり、ある程度のコツを掴んできたら定額制の方が割にあう場合もあります。

定額制は名前の通り、月額いくらかを支払い、その期間は使い放題という出会い系サイトです。そのため、契約期間内であれば毎月一定の料金はかかりますが、行動に制限がかからなくなるため、気軽にメールも送れるし、色々なことができるようになります。

そのため、出会い系サイトに慣れてきたら定額制の出会い系サイトを使ってみるのもおすすめです。

個人的に初心者はポイント制サイトを使い、慣れた、またはハマったら定額制に移行するのが一番だと思います。おすすめの定額制のポイントサイトはまた紹介します。選択肢の一つとして考えておくのもよいでしょう。